ネットビジネス全般

[コロナショック] 実力のある者だけが生き残る|マスコミの功罪

コロナショックで生き残れるか

昨日、ついに緊急事態宣言が発令され、世間はコロナの話題でもちきりです。

僕はもう10年以上前からテレビをほとんど見ない生活をしてますが、

1ミリも困ることがないですし、

ごくたまにテレビを見る機会があると、

偏った報道に違和感を感じることがよくあります。

 

例えば、日本では毎年、肺炎によって約10万人が死亡しています。

(参考:http://www.tokyo-eiken.go.jp/files/archive/issue/kenkyunenpo/nenpou69/69-33.pdf )

その多くは高齢者です。

 

一方、今回の新型コロナウイルスによる死亡者数はまだ100人以下です。(4/9現在)

もちろん、ちゃんと検査されてなくて正確な統計が取れていなかったり、

今後さらに死亡者数は増えるでしょうが、

今のところ例年の肺炎による死者数の千分の1以下です

 

そのことをテレビで報道されているでしょうか?

テレビ局を始めとするマスコミは毎日

「今日は○人コロナで亡くなった」

とか、

「感染者数が○○人に増えた」

「芸能人も感染した。あの○○さんも亡くなった」

 

などと、毎日のように繰り返し人々に恐怖を植え付けます。

 

そうするとみんなテレビにかじりついて視聴率が上がるからです。

そして、外出を自粛して家にいれば余計テレビを見るようになります。

 

僕の両親は高齢でテレビや新聞などからしか情報を入手しないので、

今回のコロナ騒動にも過剰に反応しています。

 

もちろん、

テレビ局や新聞社、出版社というのは民間企業ですので、

利益を出す必要があります。

 

スポンサー企業から広告枠を買ってもらうために

視聴率を上げる必要がありますし、

新聞や雑誌の発行部数を伸ばさなければいけません。

 

しかし、だからといって過剰に国民の不安を煽り、

パニックを起こさせるのであれば

日本国民にとってただの害悪なのではないでしょうか。

(トイレットペーパー騒ぎについても、SNSがデマの発端ではありますが、テレビの報道によって騒動が拡大したと言われています)

 

だから僕はテレビや新聞などの報道を

あまり信用しないようにしています。

 

正直、多くの人にとっては病気そのものよりも、

過剰な自粛ムードによる大不況の方がダメージが大きいはずです。

 

特に、飲食業、イベント業界、ナイトクラブ、旅行業界などは悲惨な状況ですね。

飲食店を経営している知人も本当に困っていました。

 

しかし、そんなことを言おうものなら

「経済よりも人命が優先だ」

とか

「人が死んでるんだぞ。志村けんさんの死を無駄にするな。」

などと感情論でしかものごとを考えられない人たちから叩かれます。

特に日本は同調圧力が強いので、空気を読んだ言動を取らないと非国民扱いされてしまいます。

 

もちろん、コロナが脅威ではないと言うつもりはまったくありません。

僕も特に3密(密閉・密集・密接)は避けて、不要不急の外出は控えてますし、基本的には自宅で仕事をしています。

コロナの感染爆発の防止のために国民全体が協力すべきです。

 

ですが、経済が崩壊し、失業率が上がることで増える自殺者の数も考えた方が良いです。

失業率・自殺率

日本の場合、失業率が1%増えると自殺者数が1,000人〜2,000人増えると言われています。

リーマンショックのときよりも厳しい経済状況になりそうな今回のコロナショックでは、失業率の増加でどれだけ自殺者が増えるのでしょうか。

コロナのことだけを考えるのではなく、社会全体のことを考えて対策をしていくべきでしょう。

 

ひたすらコロナの恐怖を煽って視聴率や部数を稼ごうとするマスコミには嫌気がしますが

そんなことを言ってもしょうがないですね。

 

一人ひとりが情報リテラシーを高め、

冷静に、論理的に自分の頭で考え、

信頼できる情報源から情報を集めて行動していくしかないです。

 

 

 

さて、前置きが長くなってしまいましたが、

このような事態の時に、

以下のような特徴を持つビジネスは強いです。

  • 固定費がかからない
  • 在庫を持たない
  • オンラインで完結する
  • 定期収入がある

僕がやっているネットビジネスも

大体このような特徴に当てはまります。

(全部が全部ではないですが)

 

ですので、今のところは

コロナの影響はあまり受けていません。

 

しかし、現在の状況が長引けば、

当然影響を受けるはずです。

 

経済全体が低迷して、ものがなかなか売れなくなってきますからね。

 

でも、コロナの騒ぎもいつかは終息します。

それが1年後なのか2年後なのかは分かりませんが。

 

不況のあとには好況が訪れます。

 

そのときに向けて

今できることをコツコツとやるしかありません。

 

じっと我慢して力を蓄える、

そんなときですね。

 

僕の場合は、

  • 英語やビジネスの学習
  • コンテンツ制作(ブログ・YouTube・メルマガなど)
  • オンラインでのコミュニティ運営(オンラインサロンなど)

これらを継続していきます。

 

不謹慎かもしれませんが、

僕は今回のコロナショックは、

偽物が淘汰され、本当に実力がある者だけが生き残る、

そのような良い機会だと思っています。

 

景気が良いときは

大して実力がなくてもなんとかなりますからね。

 

ですから、僕も本気で頑張らなきゃなと、

気合を入れ直していきます。

 

また、今回の騒動で痛感したのは、

人生いつ何が起こるか本当に分からない、

今やりたいと思うことをすぐにやったほうが良い、

ということです。

 

例えば、今の状況だと海外旅行はほぼ不可能なわけですが、

僕の場合はこれまで存分に海外に行っといて良かったなと思います。

 

今行こうと思っても行けないですからね。

 

起業も同じで、

5年前に早いとこ大企業を辞めといて本当に良かったです。

 

今のタイミングだとなかなか独立起業なんてできないでしょう。

あのとき辞めていなければ、

こんな状況のなか、毎朝満員電車で通勤していたかもしれません。

ぞっとしますね。

 

というわけで、

今回のコロナ騒動で感じたことをざっくり書きました。

 

ご感想やご質問など、お気軽にコメントください。

「ネットビジネス初心者用プログラム7DAYS」

ネットビジネス初心者向けの7日間の無料メール講座を公開中です。

以下の内容を合計4万文字以上(PDF130ページ分)に渡って解説しています。

  • アフィリエイトの仕組み
  • SEO(Search Engine Optimization:検索エンジン最適化)
  • DRM(ダイレクト・レスポンス・マーケティング)
  • ネットビジネスで稼ぎやすいジャンル
  • サイトアフィリエイトとメルマガアフィリエイト
  • ブログとメルマガのメリット・デメリット
  • ネットビジネスで稼ぐために必要なマインド
  • アフィリエイトで月収10万円稼ぐために必要な作業量
  • アフィリエイトの方程式
  • フロントエンド・バックエンド
  • ブログ、Twitter、メルマガ、YouTube、LINE@などのメディアの活用方法
  • Twitterのフォロワーを増やすコツ
  • ステップメール
  • ブログ執筆のポイント
  • コピーライティング
  • 集客から販売までを自動化する方法
  • YASUのネットビジネスの収入の内訳

このメール講座は、ネットビジネス初心者(または未経験者)が、半年以内に月収10万円半自動で稼げるようになることを目標としたプログラムです。

7日間のメール講座終了後は、メルマガ限定の対談音声やネットビジネスのノウハウなどが配信されます。

登録はこちらから↓


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です