英語学習

【英会話学習】外国人の友達を作るためにやってきたこと|無料メルマガ

ここ数ヶ月、外国人への英語インタビュー動画を頑張って投稿していたら、YouTubeチャンネルの登録者数が2万6千人を超えました。

皆様、ありがとうございます!

 

再生回数が10万回を超えるような人気動画も増えてきていて、

こちらの動画に関しては、270万回も再生されました。

 

YouTube視聴者からコメントやメールでご意見・感想を頂くことも増えてきたのですが、

  • どうやって英会話を学んだのですか?
  • どこで外国人と知り合っているんですか?
  • どうしたら外国人美女と仲良くなれますか?(笑)

このような質問をされることが非常に多いです。

 

以前はこのような個別に答えていたのですが、

あまりに質問者の数が増えてくると対応しきれないので、

英会話初心者が学びやすいように

私の経験やノウハウを整理して無料メルマガで配信していくことにしました。

 

「英語を話せるようになりたい」

「外国人とコミュニケーションしたい」

このような需要に答えるための、これまでありそうでなかったメルマガになっているはずです。

 

この無料メルマガの配信にあたって、

普段から仲良くしている英会話講師のシャネン(Shannen)にも

全面的に協力してもらうことができました。

 

彼女は日本で2年以上、英会話講師として働いた経験があり、

日本人の英語学習者の特徴や弱点も把握しています。

また日本人の友達も多いので日本の文化や国民性も理解しています。

(この動画は2年以上前にシャネンと撮影したものですが、TikTokとYouTubeでそれぞれ100万回以上再生されました。)

 

メルマガの対象者

  • 英会話の超初心者・初心者
  • 帰国子女や留学経験者ではなく、これから英会話を学びたいと思っている大人(20歳以上)
  • 外国人の友達・恋人を作りたい人
  • 文化の違い、外国人とのコミュニケーション方法を学びたい人

【対象レベル目安】※あくまで目安です
TOEIC400点〜700点程度(英検準二級〜準一級程度)

 

メルマガの内容(予定)

  • 英会話学習や外国人の友達作りのコツ
  • 異なる文化背景の人たちとの交流に役立つコミュニケーションスキル
  • Shannenによる英語コラム(英語のリーディングにも役立つと思います)
  • メルマガ限定動画(Shannenと一緒に動画を配信します)
  • イベントの告知(リアル・オンライン両方で企画中です)
  • 有料教材の一部

学校や文法書などで学ぶような英語ではなく、

実践的な英会話力を身につけるためのコンテンツを配信していきます。

外国人とのコミュニケーションについて解説していくので、

外国人の友達を作りたいと思っている人にも役立つはずです。

 

無料メルマガの登録はこちらからどうぞ↓







こちらはシャネンと最近撮影した動画です。

文化の違いやビジネス、2人の経歴などについて話しています。

こちらはシャネンと新しく開設したYouTubeチャンネルです↓

YASU & Shannen

今後、英語学習や外国人との友達作りに役立つ動画や日本語字幕付きの動画も配信していく予定です。

 

こちらは外国人にインタビューするためのコツについて私が解説している動画です(すべて英語)↓

 

外国人の友達を作れるようになるまでにしてきたこと

台湾で知り合ったドイツ人 フランスで知り合った美人 タイで知り合った美人モデル

今でこそ私は、普段から外国人の友達と仲良く遊んだり、

多くの外国人とコラボしてYouTube動画を撮影したりしていますが、

もともと私は社会人になってからもほとんど英語が話せませんでした。

 

もちろん、帰国子女ではないし、留学経験もありません。

(ニューヨークの語学学校に3ヶ月通っていたことはありますが、半日コースのゆるい環境だったので、世間一般的には留学経験と言えるようなものではありません。)

この記事では、これまで私がどのようにして外国人の友達を作るための英語力を身につけたのかご紹介していきます。

少し長いですが、英語力を身につけるためのコツも含めて説明しているので
最後まで読んでもらえると嬉しいです。

 

学生時代(受験勉強で英語が好きになった)

私は田舎で生まれ育ち、子供の頃から勉強は得意な方でした。

私が生まれ育った田舎では、有名な進学校などはないし、

子供の頃から塾に通って将来のために勉強する、というのはあまり一般的ではありませんでした。

ですので、塾に通ったこともないし、家で勉強することもほとんどなかったのですが、

中学校に入学したときの最初の試験で学年でトップクラス(2位)の成績を取ってしまったこともあり、

「俺は勉強しなくても大丈夫だ」と慢心してしまうことになります。

 

そのまま地元の高校に進学し、部活やバイト、遊びに熱中していたので

授業中はほとんど寝ていたり、違うことを考えていたりしていました。

そのせいで成績は下がるばかり。

高校に入学した頃は、学年で上位の成績でしたが、

高校2年の終わりの頃には底辺になっていました。

 

少しずつ、高校卒業後の進路についても考えるようになり、

都会への憧れもあり、東京の大学に進学したいなと思うようになってきました。

高校3年生になる前の春休みに、友達と一緒に東京に数日間遊びに行ったことがきっかけで

「絶対に東京の大学に進学したい」と考えるようになり、

志望校に合格するために受験勉強を死ぬ気でやることにしました。

 

当時、ほとんど勉強していなかったとはいえ、

私は数学や物理は得意だったので理系のクラスに所属していました。

地道な勉強が必要な文系科目よりも

ある程度、センスだけでなんとかなる数学の方が好きでした。

 

英語はほとんど勉強していなかったので、

すべての科目の中でもかなり苦手な方でした。

 

しかし、理系の学部に進学するにしても、

受験では英語は必須なので一番苦手な英語に力を入れて勉強することにしました。

 

いざ、英語の勉強を始めてみると、

英語の面白さに気づいてきました。

 

一日何時間も英語の勉強をしていたので

試験の成績もみるみる上がっていきました。

 

成績が上がる

英語が面白くなる

もっと英語を勉強するようになる

さらに成績が上がる

という好循環になります。

高校2年生の終わりに受けた模試では偏差値が45くらいでしたが、

3年生の10月には偏差値70を超える様になっていきました。

半年ほどで偏差値が30上がったことになります。

 

その頃から、

「大学でも英語を学びたい」

そして、

「受験英語だけでなく、英語を実際に話せるようなって

外国人とコミュニケーション取れるようになりたい」

という思いが出てきました。

 

文転(理系から文系に変えること)も少し考えましたが、

受験の準備期間があまりにも短かったので、

受験科目は変えずにそのまま理系の学部を目指すことにしました。

 

東京にあるいろんな大学を調べた結果、

上智大学は国際的な大学として有名で、

語学教育が盛んであることが分かりました。

理系学部でも文系学部と同じキャンパスにあり、

文系学部の授業も受けやすいし、

留学生や帰国子女などとも交流がしやすそうだな、と思い、

第一志望校を上智大学に決めました。

 

過去問などもやり込んで、受験対策を真面目にやった結果、

晴れて上智大学に合格できました。

上智大学

 

正直、試験は簡単でした。

受けた後に、「絶対受かったな」と思うと同時に、

もっと上位の大学を目指せば良かったかなとも思いました。

 

とはいえ、第一志望の大学に合格することができて、

本当に嬉しかったです。

 

ところが、大学に入ってからはまったく勉強しなくなりました。

 

たしかに、大学内には帰国子女や、

そうでなくても英語がものすごくできる学生もたくさんいました。

 

しかし、バイトや遊びに夢中になり、堕落した生活を送るようになってしまいました。

当時、もっと英語の勉強をすれば良かったなと今でも後悔しています。

 

生活費を稼ぐためにバイトをしなければいけなかった、とはいえ、

その気になれば英語の勉強はできたはずです。

 

そのまま大学院に進学してからは

英語の論文を読んだりする機会は結構あったのですが、

英語を話す機会はまったくなく、

私のスピーキング力はほぼゼロだったと思います。

 

1日12時間以上働いたサラリーマン時代

大学院を卒業後、大手のIT企業に就職して

システムエンジニアとして働き始めました。

 

英語を使ってグローバルに活躍したい、という思いは

心のどこかではあったのですが、

大学の出身学部なども考慮して保守的な選択をしてしまいました。

 

そして、実際に働き始めてみると、

想像以上の激務で、平日は毎日夜遅くまで残業して

平均して1日12時間以上働いていました。

徹夜や休日出勤も当たり前で、

プライベートな時間を楽しむことがなかなかできなくなくなりました。

 

少しでも空いた時間があれば読書をしていたのですが、

「これからの時代、英語力は必須だな」

と考えるようになっていきました。

私が読んでいた多くの本の中で英語の重要性が述べられていたからです。

 

また、いつか英語ができるようになりたい

という思いは、高校3年生の頃から変わらず

心のどこかにありました。

 

そこで、入社2年目の頃から激務のかたわら、

わずかなプライベートな時間を英語の勉強にあてました。

 

毎日、電車での通勤時間に英語を勉強するのはもちろん、

23時頃に帰宅後、23時半から1時間オンライン英会話のレッスンを受けていました。

そして朝7時に起床してまた会社に向かいます。

休みの日は1日5時間以上は英語の勉強をしていまいた。

 

その結果、簡単な日常会話なら英語を話せるようになり、

試しに受けてみたTOEICの試験でも815点を取ることができました。

ちなみに、ECCという大手の英会話スクールに年間40万円ほど払って通っていた時期がありましたが、スピーキング力の向上にはほとんど役に立ちませんでした。

オンラインのマンツーマンレッスンができるサービスの方が料金は安いですが、大手英会話スクールよりは遥かに役立ちました。

 

また、夏季休暇など少し長めの休暇が取れたときは

いつも一人で海外旅行に行くようになりました。

 

そして、当時働いていた会社では

日系のIT企業でありながら、積極的に海外進出を進めていたので、

海外事業部のような部署もありました。

そのような、国際的な業務で英語を使うような部署への異動を希望していたのですが、

結局叶いませんでした。

 

そして、今でも心残りなのが、

社内で社費MBA派遣候補生の3人に選ばれたにも関わらず、

最終選考で落ちてしまったことです。

 

当時、ほんとうに激務で、社内の選考のための試験や

面接の対策もまったくできず、面接の前日もトラブル対応だったため、

ほぼ徹夜で面接を受けることになり、

まともに頭が働かず、面接では言いたいことをまったく言えずボロボロでした。

結果、選考には落ちてしまいます。

 

海外MBA留学というのは

多くの人が憧れることだと思いますが、

今でも、そのときの悔しい思いを覚えています。

 

もちろん、それは会社や上司のせいではなく、

十分に対策ができなかった私に原因があります。

もっと早くから対策をしようと思えばできただろうし、

そもそも、この会社に入社することを決めたのは私自身です。

 

私はどうしても国際業務ができる部署で働きたいと思っていました。

そして、会社を辞めたいということを上司に伝えたのですが、

当然、引き止められます。

部下に会社を辞められたら困るわけですからそれは当然ですね。

 

そして、部長から「行きたい部署に行けるように人事などにも伝える」

ということで、「それなら良いかな」ということで

会社に残ることにしました。

 

ところが、異動先は国内の金融機関への出向でした。

たしかに、多少は英語を使う仕事も経験したのですが、

それはほんのわずかでした。

 

その後も激務の会社員生活を数年続けた結果、

「このまま、この会社にいても、英語を使って国際的に活躍する

という自分が本当にやりたいことはできないな」

と思うようなりました。

 

そして、できるだけ若いうちにチャレンジをしようと考えた結果、

今度こそ会社を辞める決心をしました。

 

このときも上司から慰留されましたが、

さすがにもう我慢ができないと思い、

上司の反対を押し切り辞めることができました。

 

合計8年間のサラリーマン生活でしたが、

辞めることができて本当に良かったと今でも思います。

 

会社を辞めて起業し、自由な生活を手に入れる

当然、会社を辞めて独立してからは生きていくためのお金を

自分で稼がなければなりません。

 

会社員のように毎月決まった給料がもらえるわけではないですからね。

どうやって収入を得るかは自分で考えなければなりません。

 

本当は英語を使ってグローバルな活動をしたかったのですが、

自分の英語力や経験ではそれでお金を稼ぐことは難しいなということは分かっていたので

まずは収入の基盤を作り、収入面の不安をなくしてから

自分の本当にやりたいことに時間を使おうと考えました。

 

まずはアフィリエイトから始めることにしました。

アフィリエイトというのは他社の商品を自分のブログなど紹介して、

売れたらその売上の一部を報酬として頂く仕組みです。

 

私はIT企業でエンジニアをしていたこともあり、

インターネットやコンピューターの仕組みにはある程度詳しかったので、

生活費くらいは割と簡単に稼げるようになりました。

アフィリエイトを本格的に始めて3ヶ月後には月30万円、

1年半後には月100万円の収入を得られるようになったのです。

しかも、会社員時代とは大きく違って、働く時間は1日4時間以下で、

ストレスもほとんどありませんでした。

 

私は、対人コミュニケーションの分野で

アフィリエイトをしていました。

 

私は理系出身ということもあり、

人との会話はそれほど得意というわけではなかったのですが、

会社を辞める1年ほど前から、とあるきっかけで

ナンパをするようになりました。

 

すると、もともと才能があったのか、

すぐにナンパが上手くいくようになり、

人に教えられるレベルにまでなりました。

 

その過程で、外国人にも積極的に英語で話しかけるようになり、

英会話力も上がったし、

外国人の友達も作れるようになりました。

東京で知り合った外国人モデル

 

もちろん、数多くの魅力的な外国人女性とも

深い関係になることもできましたが、

ここでは詳細は割愛します(笑)。

 

そして、その強みをいかして、

対人コミュニケーションの分野で

ブログやTwitterなどSNS、メルマガで情報を発信して、

アフィリエイトをしたり、自分で商品を作って販売し始めました。

しばらくすると、収入も安定してきて、

ほぼ働かなくても生活できるくらいは収入を得られるようなりました。

 

また、アフィリエイトを始めとするWebマーケティングにある程度詳しくなったので、

マーケティングの会社を作り、個人や小規模企業へのコンサルティングもはじめました。

 

ニューヨークに移住して美女と交流

アフィリエイトやマーケティングコンサルの仕事が順調になり、

生活にも余裕が出てきた頃、

何か新しいことにチャレンジしたいなと思うようになってきました。

 

英語を使ってグローバルに活躍したい

という夢はずっとあったので、

その第一歩として、ニューヨークに

半年間滞在してみることにしました。

 

そのために学生ビザを取得して語学学校にも通うことにしました。

 

ニューヨークでの半年間は本当に夢のようでした。

もともとニューヨークにはそれまでに2回行ったことがあったのですが、

昔から私にとって憧れの場所でした。

ニューヨーク ニューヨーク_タイムズスクエアの風景

ニューヨークに住み始めて、

何か新しいこと、面白いことをしたいなと思っていました。

 

私は英語は流暢に話せませんが、

コミュニケーション力を生かして

現地の人へのインタビュー動画をYouTubeに投稿してみたら面白いかも、

と思い、道や公園などで人に話しかけて簡単なインタビューしてみることにしました。

そして撮影した動画に日本語字幕などの編集を加えて、

YouTubeに投稿するようになりました。

ニューヨークで黒人とバスケ ニューヨークで知り合った美人モデル ニューヨークで知り合ったモデル

すると、思ったよりも反響が大きく、

1万回以上再生されるような人気の動画も増えてきました。

 

特に、モデルや女優などの美女にインタビューしたときに

明らかに再生数が伸びることが分かり

美女に特化して、インタビュー動画を作り続けていきました。

 

私の拙い英語力でも、映像としてのインパクトがあるので、

人気動画を作るのはそれほど難しくないということに気づきました。

ニューヨークで知り合った女優 ニューヨーク在住の美人モデル

そして、私にとっては普通のことだったのですが、

英語を流暢に話せなくても、外国人と撮影の交渉をしたり、連絡先を聞いたり、撮影中にインタビューをすることができる

ということに驚いている視聴者も多くいました。

 

「YASUさんが果敢に外国人と英語で話している姿に勇気をもらえました」

「私も英語を勉強しようと思いました」

このようなコメントを本当にたくさん頂きました。

YouTubeインタビュー動画

 

また、語学学校では本当に興味深い経験をしました。

 

当然、ニューヨークの語学学校には日本人だけでなく、

ヨーロッパや南米、アジアなど世界中から留学生が来ています。

 

入学した際に、英語力のレベルに応じてクラス分けがされるのですが、

同じクラスにいた他の学生のスピーキング力の高さに驚きました。

「私以外、みんな流暢に英語を話している!」

入学当初、私はクラスの中で底辺レベルのスピーキング力しかなかったと思います。

 

ところが、文法や単語、リーディングといった筆記試験になると、

私はクラスで毎回1位か2位のトップクラスの成績を取っていました。

 

よく言われていることですが、

日本の学校教育ではスピーキングをまったく重視していないんだな

ということを身を持って感じました。

 

特にヨーロッパや南米からの留学生は

文法や単語、発音の間違いは多少あったとしても気にせずに

本当に積極的に英語を話します。

 

各国の留学生と比べると、

もちろん私を含め、やはり日本人は間違うことを気にして、

あまり英語で発言しない、という

印象が強くありました。

 

それと、もう一つ衝撃的だったのは、

私が大学受験のときに勉強してきた英文法の中には

日常会話の中ではまったく使われないものがある、ということです。

 

例えば、関係代名詞の「whom」ってありますよね。

ある授業でネイティブの講師が関係代名詞について解説していたんですが、

「whomなんか使わないよ」

と言っていたのを強烈に覚えています。

受験勉強で学んだことは何だったんだろうなと思いました笑

(もちろんフォーマルな場面では使われる機会もありますが)

 

また、私が通っていた語学学校というのは、

エンパイアステートビルという超高層ビルの

63階にあり、教室からはニューヨークの本当に素晴らしい景色が見えます。

エンパイア・ステートビル(語学学校)

↑私が通っていた語学学校が入っているビル(エンパイア・ステート・ビルディング)

語学学校の教室から見える風景 語学学校の様子

↑教室から見える風景

 

学校の環境は最高でした。今でも連絡を取っている友達もできたし、

本当に良い思い出になりました。

語学学校の友達

自由すぎるノマド生活

半年間のニューヨーク滞在を終えた後は、

日本含め、世界中を旅しました。

2019年の一年間だけでもタイ、台湾、ベトナム、ウクライナ、ベラルーシ、リトアニア、

クロアチア、モンテネグロ、ドイツ、韓国に行ってきました。

タイで知り合った美人モデル タイで知り合ったイギリス人 ベラルーシで知り合った美人ダンサー ベラルーシで知り合った美人姉妹

旅先ではインタビュー動画を撮影してYouTubeやTikTokに投稿していました。

また、東京にいる間も外国人との動画撮影をしていました。

東京で知り合ったオランダ人モデル 東京で知り合ったロシア・ウクライナ人モデル

コロナ禍

しかし、2020年の春からはコロナ禍が始まり、

気軽に海外に旅することが難しくなったので

ここ2年近くずっと東京に住んでいます。

 

外国人と新しく出会うことが以前よりは難しい状況ですが、

コツコツと英語学習を続けたり、以前コラボしたこともある外国人モデルとの

動画撮影を続けたりしていました。

 

TikTokはフォロワーが8万人を超え、

YouTubeのチャンネル登録者数やインスタグラムのフォロワーも増えてきたこともあり、

会ったことのない外国人の女性モデルやYouTuberの方から

コラボしたい、と連絡が来ることも増えてきました。

人気YouTuberとコラボ(Ella_Silvie) アメリカ人Mikeとのコラボ

英会話を効率的に学ぶためのコツ

これまで多くの動画を投稿してきた中で、視聴者から

「英語を話せるようになりたい」
「外国人の友達を作りたい」
「外国人と出会いたい」

といったコメントを多く頂くようになり、

このような需要が本当に大きいんだなということが分かってきました。

 

そこで私なりの経験を踏まえて

そのような方々のお役に立てることはできないだろうかと考えていました。

 

しかし、私は平均的な日本人よりは英語力があるとは思いますが、

ネイティブスピーカーはもちろん、帰国子女や海外大学・大学院などに留学経験のある

人達の英語力には到底及びません。

 

ですので、私が英語を人に教えるのは難しいかな、と思っていました。

ただ、私の英語レベルでもこれまで数多くの外国人の友達を作ってきた経験があるので、

そのノウハウを教えることはできます。

 

このようなことを考えていたときに、

以前から仲良くしていたフランス人のシャネンから、

「またコラボして一緒に何かやりたい」という連絡がありました。

 

彼女は英語を流暢に話せるし、

日本人相手に英会話講師を2年ほどしていた経験もあります。

 

ですので、彼女と協力して、英会話と外国人とのコミュニケーションを学べるコンテンツを

作っていくことにしました。

 

まずは無料メルマガの中で読者にそのコンテンツを配信していきたいと思っています。

 

現在、ほぼ毎日のように、学習用のコンテンツ作りに時間を費やしています。

多くの日本人が苦手とする部分にフォーカスしていて、

実践的な英会話を学べる教材として

本当に良いものができると確信しています。

 

現在、それらのコンテンツはメルマガの中で無料で配信していく予定ですので、

ぜひこの機会に無料メルマガにご登録ください。

 

皆さんのご意見などもらえると非常にありがたいです。

無料メルマガの登録はこちらから↓







 

 

いつか英語を勉強しよう・・・

と思っていませんか?

 

私が今回のコロナ禍において強く思ったのは、

  • 人生いつ何が起こるか本当に分からない
  • だから、今やりたいと思うことをすぐにやったほうが良い

ということです。

 

例えば、今の状況だと海外旅行にはなかなか行きづらいわけですが、

私の場合はこれまで存分に海外に行っといて良かったなと思います。

 

また、日本に多く外国人観光客や留学生が来ていた頃に

積極的に交流して友達作りをしていました。

 

おかげで、当時知り合った外国人たちと

今でも連絡を取り合うことができて、

各国の状況など情報交換することができます。

 

英語学習に限らずですが、

今できることを全力でやる

これが後悔しない生き方を送る上で大事なことだと思います。

 

ここまで、この長い文章をお読み頂きありがとうございました。

メルマガの中でも私の思いを書いていきますのでよろしくお願いします。

 

メルマガ発行者のプロフィール

YASU:

  • 大学受験時の英語の偏差値は70くらい、上智大学現役合格(理系)
  • 大学院卒業後、(株)NTTデータにてシステムエンジニアとして8年間勤務。
  • NTTデータ退職後に起業。現在、法人6期目。
  • YouTubeチャンネル登録者2万6千人。TikTokフォロワー8万4千人。

 

Shannen(シャネン):

  • フランス生まれ
  • 高校卒業後、パリにあるアート・デザイン学校に進学
  • マンチェスター(イギリス)の企業で2ヶ月間のインターンシップ
  • 3年前に日本に移住。
  • 日本にて英会話講師、フランス語講師としての仕事をしつつ、高級ファッションブランド企業にて2年間勤務。

 

こんな人にはおすすめできません

  • 英語の正確性だけを追求したい言語マニアの人(文法や単語の使い方に少しでも間違いがあると許せない、というタイプの人)
    →このメルマガはあくまで、「外国人の友達・恋人を作る」ために必要な実践的な英語を学ぶことが目的です。文法的に100%正しい、ということとコミュニケーションが円滑にできるかどうかはあまり関係ありません。
  • TOEIC、TOEFL、IELTS、英検などの試験対策だけが目的の人
    →試験対策のコンテンツは配信する予定がありません
  • 完璧な発音を求める人
    →私たちはネイティブスピーカーではないので、ネイティブの発音を学びたい方は他の人の教材を学ぶことをおすすめします
  • 「1日10分、聞き流すだけで英語が話せるようになる」みたいな教材を求めている人。
    →このメルマガに登録したからといって、何もしなくても英語が話せるようになるわけではありません。英語が話せるようなったり、外国人と上手くコミュニケーションできるようになるためには、このメルマガの内容をもとに行動してもらう必要があります。ご自身では努力したくない・実践したくないという方は登録をお控えください。

 

※1 出来るだけ実名での登録をお願いしています。

「あ」など、明らかに意味を為さない名前でご登録された方や、常識的な礼儀・マナーを守れない方は予告なく登録を削除させていただくことがありますので予めご了承ください。

※2 iCloud.com関連のメールアドレス(@icloud.com、@me.comなど)にはメールが届きにくくなっているようなので、GmailやYahoo!メールなどの別のメールアドレスでの登録をおすすめいたします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です